外国人技能実習制度とは

外国人受け入れ制度とは

日本の企業等で技術、技術又は知識を習得するために外国人を日本の企業が受け入れ『技能』を通じて技能実習生の人材
育成と日本で習得した技術の母国への移転を図るという人的な国際貢献を目的として、法務省入国管理局が実施している
制度です。
1年間の技能実習1号終了後に技能検定試験、研修成果等の評価を受け、『技能実習2号』に移行する事により3年間の
在留が可能となります。

技能実習生受け入れのメリット

1.向上心旺盛な若者の受入れによる企業内活性化
 技能実習生は技術習得を目的に意欲旺盛で来日しますので、社員をはじめパート・
 アルバイトの方にまで良い刺激を与えます。
 また、職場が国際交流の場となり、活性化します。

2.国際貢献・技能支援
 技能実習生は日本の技術、技能を学ぶだけでなく、日本の文化や日本語を学んで
 帰国しますので、技能実習生本国との友好に大きく貢献できます。

3.技能実習生本国への取引拡大
 この機会を通じて現地法人との取引拡大の可能性もあります。

4.不法就労の排除

その他、さまざまな面で企業の発展に寄与しております。

外国人技能実習生受け入れの流れ

メニュー

協力団体

組合加入資格

経済産業省

国土交通省

関東経済産業局

関東運輸局